活用パターン:運用保守開発チームの構築

課題・背景

  • 首都圏のエンジニア不足の状況が継続しており、保守運用開発は人員が集まりにくい
  • 開発向けの人員が運用保守に一定数取られてしまうので、なかなか新規開発に人を回すことができない
  • 首都圏では他に開発案件が多いため、エンジニアの定着率が悪い

解決した課題

エンジニア不足
年内に5名程度のチームを立ち上げ予定
エンジニア調達コストの高騰
地方エンジニアの活用で、高騰するコストを抑制。
エンジニアの定着率
比較的定着率の高い地方において、長期契約の提示でエンジニアの安定性を確保。

導入スケジュール

利用社数限定!先行登録開始!